災害に備えておくために|地震の予想情報サービスを活用しよう

災害への備え

女性

地震の予報を受け取ったあとでは遅いのが備蓄です。飲料水、食料、日常的に使用しているものを確認し、定期的に見直すほうがよいでしょう。被災後に必要な備蓄は三日分と言われているので、それを考慮しておきましょう。

地震のメカニズム

災害

関東地方はプレートが複雑に入り組んでいるためひずみが蓄積しやすく、過去から一定周期で関東地震と呼ばれる地震が発生してきた。現時点では地震の予知、予測は困難であるが、観測網強化等により事前の予知、予測を行い、被害の軽減につなげたい。

難しい研究ではあるが

日本列島

大地震に備えて、地震の予測研究が活発に行なわれています。国が地震の研究をさせている機関といえば、気象庁が有名です。しかし、近年は民間の大学や個人でも地震予測研究を行う人が増えてきました。地震が来ることが予想できれば、避難もスムーズに行われるようになるでしょう。

知識や備えが大切

地震

メカニズムとは

日本は地震大国と言われています。その理由としては地球の表面はプレートという巨大な岩の板でおおわれてできていて、地球上でプレートは数十枚にあると言われています。日本はそのうちの4枚のプレートがぶつかりあっている地震の多い地域なのです。プレートはそれぞれが別の方向に、地球の表面は絶えず数センチずつ動いています。それが1センチ程度であれば特に問題はないのかもしれませんが、エリアによっては短期間の間に5センチも動く場所もあります。同じ方向へ徐々に大きく動いてしまうと地震へのつながってしまいます。その周期的なものが予想できれば近いうちに起こる地震も予想できる日がくるのです。まだまだ正確な情報を予想する事は難しいですが、科学は進歩していますので、P波やS波などを計測できる機器を取り付けたり、その地域の活断層などの状態を日々研究して、特に日本にある大きな活断層で何年以内に地震が起こる可能性は何パーセントなどと予想する事はできるようになりました。現在では精一杯かもしれませんが、それでも昔に比べたら自分が住んでいる地域には活断層が存在するので、地震に対する備えなどはできるようになりました。あとは地震に関するちゃんとした知識を身につけておいていざ地震が発生した際に慌てず行動できれば、防げる命は沢山あります。一人一人が地震への恐怖と知識を身につけて日々行動したいものです。何分も前に地震がくる事を測定できるようになるのは数百年先だと言われています。