災害に備えておくために|地震の予想情報サービスを活用しよう

災害への備え

女性

非常時のため備えるもの

地震が起きたあと、ライフライン(水・電気・水道)が止まってしまうことがあります。そういった非常時のため、家に備えておくのが備蓄品です。備蓄品とは別に非常持ち出し品があります。こちらは眼鏡や普段飲んでいる薬、現金や懐中電灯などの最低限に素早く持ち出せるものになり、備蓄品とは異なります。地震が起こったあと、水や食料などはすぐに手に入りません。地震の予報が来てからでは遅いのです。災害の予報を受け取る前に、備蓄品は普段から確認しておくことが大切です。備蓄品として代表的なものは、飲料水、食料、家庭により必要なもの(薬、ペット用品、アレルギーの起こらないもの)があります。人間が一日に必要と言われる飲料水は三リットルといわれ、食料などは乾パンやレトルトなど、保存の期間が長いものが良いです。赤ちゃんがいる家庭はミルクなども必要でしょう。こういった備蓄は最低限でも三日分は用意しておきましょう。地震などが起こった際、被災後の生活のなかで生理用品や衛生用品もすぐには手に入らなくなります。普段から使用するものも備蓄品として考えることも重要です。災害の予報を受け取ったあとに後悔しないよう、普段から何が必要なのか考え、備蓄を行うことが大切です。用意した備蓄も買って終わりではなく、定期的に買い替えることも必要です。普段から多めの備蓄を用意し、古くなったものから使いましょう。地震の予報を簡単に受け取れる現代ですが、被災後の生活のために必須なのが備蓄です。すぐにできることから始めて、日常的に備蓄を怠らないようにしましょう。